« 雑記-0618 | Main | 虹の楽団 »

久しぶりにライブやります。

Dsc_0033
TRAVESSIA、久しぶりのライブ開催〜! 1年8か月ぶり!
リオ・デ・ジャネイロで活動するサンバ・シンガーMAKOさんと、おなじみ、笹子重治さんひきいるChoro Clubのライブを、この夏いわきでおこなうことになりました。

MAKOさんは、この3月、リオ・デ・ジャネイロでであったシンガー。
リオで絶大なる人気を集めるパーカッション・グループ、モノブロッコのメンバーでもあります。

リオの旅は、2週間にわたるカーニバルの締めくくり、日曜朝の最後のパレードを飾るモノブロッコに会いに行くのが目的でした。
一人旅大好き、とはいえ南米は初めてでまったくの不案内、ポル語もまったくわからない私がリオで単独行動するのはあまりに大変&危険だからと、笹子さんがご紹介くださったMAKOさん。お話を伺うと、故郷の神戸で歌手活動をされていた当時からショーロクラブのみなさん(特に沢田穣二さん)と交流があり、これまでも帰国ツアーのたび、沢田さんがサポートされていたのだとか。そりゃもう、親戚のようなもんだ(笑)!

3月11日、地球の反対側で震災のニュースを受け、なすすべもなくただ打ちひしがれていた私に、
「優子さん、最後までしっかりとつとめを果たさなければ!」と、帰国の日まで必死に支え続けてくださったMAKOさん。彼女は、阪神大震災を神戸で経験した、まさに被災者だったのでした。
「このタイミングで私たちが出会えたことには多分大きな意味があるのだと思う。いつかいわきにあいにいきます」と送り出してくれました。

MAKOさんはこの夏、「世界のあちこちに根付き、独特の成長をしているサンバ」を追うドキュメンタリー番組の、日本編のコーディネイターとして日本を訪れることになり、あわせて東京・大阪・名古屋・愛媛などでライブツアーを行うことに。それならば、ぜひいわきにも!ということで、ショーロクラブの3人にもお声掛けし、実現することになりました。
じつは今回のいわきでのライブにも、ドキュメンタリーの取材が入ります!

「MAKOちゃんは、人生をまさに一からたてなおした人。だからとてつもなく強くて、明るい。」
とは笹子さんの弁。
ぜひ、MAKOさんの歌声を聴きにいらしてください!

MAKO with Choro Club

日時:2011年8月25日(木)20:00 start(19:00 open)
会場:Bar QueenBar Queen
料金:¥3,000 (ドリンク別)
ご予約:Bar Queen 0246-21-4128
    TRAVESSIA 090-8720-0487 travessia@mbn.nifty.com

|

« 雑記-0618 | Main | 虹の楽団 »

travessia」カテゴリの記事

Comments

Participants who took 52-minute stretching classes (which emphasized trunk and leg stretches) received as much back-pain relief as those taking yoga classes.

Posted by: www.amazon.com | 2014.12.26 at 05:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雑記-0618 | Main | 虹の楽団 »