« January 2011 | Main | March 2011 »

2月終了

2月も終わりですなあ…
昨日までのあたたかさが嘘のように、きょうは霙。

きのうは渡辺亮さんにいわきにお越し頂いて、今年あらたに始めるプロジェクトのミーティングをした。プチ反省は多々あれど、まあまあ、いい集まりに出来たんじゃないだろうか…

郡山へむかう亮さんを送ったあと、沖縄つながりの友人、ケイさんに会う。
ケイさんは「劇団・風の子」の役者さんで、差塩小学校での公演のためにいわきに来られたのだ。
翌朝5時半発・6時半仕込み、という驚異的なスケジュールとのことで、
残念ながらホテルのロビーでおしゃべりしただけで終わってしまったけど、
それでも、再会のひとときが本当に嬉しかった。

先週から続いたおでかけアリオスも終わり、明日はお休み。
この4週間ほど治療に通い続けてきたけど、ここまで心身ともにけっこうきつかった。
身体がゆるむと、精神的にもゆるみが出てきて、閉じこめていたものがボン!と出てくる。
不安定な中でも仕事は続くわけで… 今回は相棒にずいぶん負担をかけた。 
治療師さんに導いてもらいながら、少しずつもちなおしてきたかな、という感じ。

ブラジルへの出発まであと1週間となった。
今更だけど、ちょっとでも旅の準備を始めようと思う。

お、その前に青色申告ですよ… ひょえ〜

| | Comments (0)

新千歳空港にて

ずっと体調があやしいのに、仕事でもプライベートでもどたどた動き回っていたら、
とうとうダウンしてしまった。自業自得です。
無理しなくてはいけないことはあるけど、身体のいうことには耳を傾けないとね。

タイミングよく友人がオステオパシーの治療院を紹介してくれたので、早速行ってみたら、
これがおおあたりの治療師さんだった。
「ちょちょちょい」っとかるく身体のあちこちを診ながら、
小学校のときの古傷からはじまって、いくつかの既往症、精神状態の変遷まで、どんどんあてていく。
手相かなんかみられてる気分… すげー。
10年前に体調を崩して、一生懸命養生して立て直したのに、
喉元すぎればなんとやらで、すっかりジャンキーな生活に戻っていたからなあ…

どろどろ状態から抜けきれないままに北海道へ。
「北海道舞台塾そらち」という、空知地区の7つのホールの運営団体(自治体直営や、NPOなど)の
方があつまって、ホール事業についての情報交換や勉強会をされているグループの方々と、
アウトリーチ事業について考える会に参加させてもらった。
何名かの方は先月いわきまでお越しになり、「おでかけアリオス」の視察をされていて、
その内容をもとに、いわきアリオスのコミュニティサービス事業についてあれこれお話しをさせていただいた。
各ホール(そしてそれをつくった自治体)ごとに、運営形態やミッションにばらつきがあるなかで、
アリオスのやっていることを紹介するだけでは、なかなかミーティングの内容を深めていく、というところにまで話を持っていくことが難しかった。
もう少し時間をかけて、お話しを伺うことが出来たらよかったなあと思った。
「これをご縁にこれからも情報交換していきましょう」と言っていただけたので、それに期待したいと思う。
でも今回「同業者」さんとアウトリーチ事業について話をしたり、現場をみていただけたことは、あらためてこれまで「おでかけアリオス」がやってきたことを、事業のミッションから細かい現場運営まで自分(たち)を振り返るきっかけになり、とてもよかった。

北海道では、コンカリーニョのアミーゴ高橋さん、そして墨絵画家の杉吉貢さんという、昔からの恩人に久しぶりにお会いすることが出来た。
体調がよくなかったので会うのは遠慮しようと思いもしたが、「ま、とりあえずおいで、来てから考えたらいいよ」と言ってくださり、思い切って甘えてよかった。
いろんなことがあって、やや疎遠になってしまっていた(というか私が勝手に遠ざかろうとしていた)のに、変わらず穏やかに迎えてくださったことが、ほんとうにありがたかった。

この一週間のうちにおきたことは、たぶん、
ゆっくり自分と向き合う時間をもってみたら? というメッセージなんだな〜…

かみさまありがとう。

さて、そろそろ飛行機にのりますよ。

| | Comments (3)

« January 2011 | Main | March 2011 »