« 沖縄にて | Main | 海だの山だの »

さすらい中

沖縄からそのまま松山空港へ。
愛媛県・内子に住む親友の結婚式に行ってきた。
大学を卒業後、役場職員として内子の町並み保存やエコロジー政策に関わってきた人(パートナーは環境自治体会議というNPOから派遣されてきたスタッフさんなのだった)。
内子を心から愛する彼女らしい、式や披露宴の会場選び、パーティの料理から引き出物まで…隅からすみまでMADE IN UCHIKOにこだわり抜いた完璧な演出だった。桜満開、春爛漫の素晴らしい日和まで、彼女の采配かとおもうほど…ふふふ。
駅に降り立ってみてから、久しぶりにこの町を訪れたことに気づいた。かれこれ5年ぶりくらいじゃないだろうか。13年前、鼓童・内子座公演でおせわになって以来、実行委員会の皆さんに今もかわいがっていただいていて、そんなに距離を感じていなかったから。内子に滞在した2日間は、そのなかでも特にお世話になっている徳田さんご夫妻に、ごはんのことやら送り迎えやら… なにからなにまでお世話になりっぱなしだった。
町並みを歩きながら、懐かしい人々の軒をたずね、挨拶をする。
かけてもらう言葉のひとつひとつにあったかみを感じ、心がふっくらとした。
これから先、再び訪れることが出来るのはいつになるのか、わからないのだけど… 
いつでも、わたしとつながっていてくれる場所でありますように。

いまは東京、あしたは尾道。
いつになったらいわきに帰るのやら。ははは。


201004021622000

201004031418000


|

« 沖縄にて | Main | 海だの山だの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 沖縄にて | Main | 海だの山だの »