« November 2009 | Main | January 2010 »

おおみそかのおつきさま

大掃除3days、やり残しはすこしあれどほぼ終了。二の腕とか背中とか筋肉痛…
今回は障子の張り替えにも挑戦! 昔、佐渡でやっちゃんのお手伝いをして以来。
やってる最中はたのしかったけど、終わってながめてみるとしわしわしてて…
うーん… がさつっぷりがよく出ている作品でございます。

今年は後半がとくに怒濤の日々でした。
あとでふりかえってみると「あれがきっかけだったなあ」とか思うのだろうか。

さっき買い物にでたら、美しい月がにこにこしていた。
「笑顔で、元気で、美しくありなさい、惜しみなく愛をつくしなさい」
とメッセージをくれました。

みなさま、ことしもおせわになりました。
来年も、実り多き年でありますように!


| | Comments (1)

物が多い

DiVaがおわるまで、アリオスの御用納めまで… とのばしてきた引っ越し荷物の整理。
はい、もうにげられません。

本来引っ越しとはあまり関係ないはずの書類整理だけで、ものすごーい時間がかかってしまった。
思い出のチラシとかでてきて、ほろっときちゃったり。泣いてる場合か〜!!
やっと床が見えるところまでかたづいた。

わたしは物持ちじゃないほうだとおもうんだけど、
それでもやっぱりかなり増やしてました。
旅人らしく、シンプルに生きましょうね。

明日は、これも引っ越しとは関係ないのにためこんでいた大掃除。
一日で終われる自信がありませーん… とほ。

きょうはこれからひとっ風呂&ライブでーす。やほー。

| | Comments (0)

きょうはDiVaライブ@南青山マンダラ

DiVa、今年のラストライブは南青山マンダラで!
2007年4月1,3日の「はるのゆめ」以来2年9ヶ月ぶりのマンダラ。
なんか感慨深いものがあります。

鶴谷さんとのセッション、すごいです。(語彙少なくてすみません)
当日券、わずかですがご用意あります。
お時間のある方、ぜひぜひお運び下さい。

DiVa Winter LiVe 2009
日時 2009年12月26日(土)19:00開演(18:00開場)
会場 南青山MANDALA
出演 DiVa 高瀬"makoring"麻里子(Vo.) 谷川賢作(Pf.) 大坪寛彦(B.)
ゲスト:鶴谷智生(Dr)
チケット:4,700円(税込・ドリンク付)
当日券は18:00〜販売。会場に直接お越し下さい。


| | Comments (4)

師走らしき日々

いやー、今日は寒かった。
アリオス前の公園のじゃぶじゃぶ池はすっかり凍って、昼になっても全然とけないし、青空から風花が舞い降りるような日だった。肩凝るわ〜。
でも、いわきの冬の青空はやっぱりすばらしい。
3年前の冬、はじめていわきに来たときに一目惚れしたんだ、この青空に。

引っ越しやDiVaなどなどの合間を縫って、この師走は、
どんどこ!巨大紙相撲三昧。
いわき市内4つの地区でのワークショップでつくった力士が、あさってアリオスに大集結!
最初想像していたよりはるかに楽しく、大人も夢中になる内容。
アートものの企画は、時間の過ごし方が舞台とは違い、気持ちのテンションの保ち方がむずかしいけど、それがまた新鮮で、楽しい。

あしたはDiVaのリハーサル。
鶴谷さんのドラムが聴けると思うとドキドキするし、
できたての新曲も聴けるし、たのしみ!

| | Comments (2)

冬の匂い

杉並区役所(の分室)で転出届を出して、高速ぶっ飛ばしていわきへ。
荷物を下ろして、不要になった家具を売り、
いわき市役所で転入届を出して、引っ越し作業終了。

あしたまた日帰りで東京出張なのよね… ああ不経済。

やっと灯油かったぞ! 
さっそくストーブのタンクに移し替え、しゅぼっと点火。
冬の匂いが部屋を包み込んでます… ほっ。

| | Comments (4)

さいごのよる

荷造りもあっさりおわり、郵便局に転居届を出して、車に荷物を積み込んで。
夕方、かえってきたあいちゃんと合流して近所のスーパーで買い物して、
さいごのゆうごはんはおなべでした。
クリスマスでもないのに、こけし屋で買ってきたケーキを食べたり、プレゼント交換したり。ふふふ。

3年半も、こんなに楽しく過ごせたのはルームメイトがあいちゃんだったからだと思う。
感謝で、胸がいっぱいです。

| | Comments (3)

西荻窪

松庵の家に残していたわずかな荷物を引き上げるために、
DiVaの公演が終わってそのままレンタカーを借り、別便で戻ってきた。

あいちゃんは新居のメンテナンスのためにでかけていて、帰ってこない。
旅の荷物を部屋に下ろしてすぐに、ちゃりんこで近所のプチ・スーパー銭湯「ユトリアム」へ。
ここへこれるのも下手すると今日が最後かなあ…と思いながら中へはいると、
下駄箱がえらく混んでるので、どうしたのかと思ったら、なんと今週で店じまいなんだそうだ。
明日も行くぞ! と心に決めた。

お風呂を出て、駅前の本屋で雑誌を買って、海南チキンライスの店「夢飯(ムーハン)」で夕ご飯。
チキンライスにパクチーをどっさりトッピングしてもらう。
あー風呂上がりは生がうまいよ…

あんまりテリトリーを広げることは出来てなかったんだけど、
わたしは西荻窪がけっこう好きだった。
ここでの生活が、大好きだった。
どーってことないけど、どーってことないところに大きな安らぎがあった。

DiVaと旅しながらもずっと思っていた。
この人たちのことが、この人たちにしかうみだせないこの音楽が、大好きだ。

ねーねーかみさま。
わたしはもしかして、今回ばっかりは選択を誤っているんじゃないか?
こんなに大切なものを、ぜんぶほっぽりだして、
わたしはここから、これから、何をしようとしているんだろうか?
とんでもない思い上がりなんじゃないだろうか?

起こることにはすべて意味がある、って、

わかっちゃいるんだけどさ、わかっちゃいるんだよ。
だけどさ。

| | Comments (2)

備忘録

ケルティック・クリスマスがおわって、ほっとする間がない。
でも何にも予定がなかったら、だめになっちゃいそうな気がする、このごろの私であります。
(きょうは四日市。大好きな絵本やさんメリーゴーランドで、俊太郎+DiVaの公演。明後日は日立!)

カトリオーナ&クリスと、学校に「おでかけアリオス」できたのは楽しかった。
インフルエンザ騒ぎで、どうなることかとおもったけどなんとか無事に実施。
今回、子供達は全員マスク着用だった。海外では、感染予防にマスクを使うことはあまりない、ということは知っていたけど、「マスクをしているのは異常者と医者だけ」というほど特殊なこととまでは認識していなかった。
そんななか、クリスはプランクトンのスタッフに「コンサートの時もマスクをしたまま演奏しなくてはならない」と開演10分前までだまされていたらしく… ははは。

学校でのコンサートはとても楽しいものになった。
もともと彼らはアウトリーチ公演になれているわけではないし、通訳を交えることになるので進行にも苦心したが、とくに2日目の桶売小中学校でのコンサートは、内容的にも悪くないものだったのではないかと思う。
子供達は彼らなりの感性で、大切なものを受け取ってくれたという実感は、確かにあった。

桶売では、中学生達がコンサートのお礼にと和太鼓の演奏をプレゼントしてくれた。二人はとても喜んでくれて、なんと一度しまった楽器を再び取り出し、「セッションしよう!」と提案し、中学生のみんながたたける簡単なリズムモチーフにあわせてトラッドを演奏してくれたのだ。これには本当にびっくりし、そして感激した。演奏がおわって、クリスが「僕らの距離が、これですこし近くなったね」と子供達に語りかけた。きっと忘れられない思い出となったと思う。

個人的にも、7月の旅からはじまった「ケルクリプロジェクト」は充実したものになった。
すべてがうまくいったかといえばやっぱり反省の方が多いけど…
たくさんの人に助けられました。感謝。

| | Comments (0)

クリスマス再開

アルタンとカトリオーナ&クリスがやってきた!
成田からバスで直行。
ホテルに向かうとちょうど荷物を下ろしている彼らに遭遇。
両腕を広げて迎えてくれた。

いわきにいられるうちに、アルタンが来日するなら絶対に呼びたいと思っていた。
こんなにも早く叶った。本当に感慨深い。
カトリオーナとクリスのいるフィドラーズ・ビドとのツアーは、
プランクトン在籍時代のツアーの中でもっとも楽しく、たくさんの思い出がある。
何よりクリスは、7月の旅で家にまで泊めてくれた、恩人だ。

ホテルにチェックインしてすぐ、近所の安居酒屋へみんなで向かい、4時間のみほうける。
ちょっと油断するとすぐにとっくりやらグラスやらがからになり、
ごろごろとテーブルの上にころがっている。
彼らと過ごすには、肝臓の持久力が必要ですわ…

明日のプログラムもきまり、明日は朝から舞台スタッフと必死で準備を整え、
珠玉のひとときをまつばかり。

クリスマス終了宣言からたった数時間ですが、はや再開宣言です。

| | Comments (0)

クリスマス終了

ここ2週間くらい、クリスマスづけ。

アリオス・クリスマス・プロジェクトというのがありまして。
館内にイルミネーションを設置(ぜーんぶスタッフの手作り!いわきのみなさん観に来てね)するとか、館内の店舗と一緒にクリスマスフェアを企画するとか、
「ケルティック・クリスマス」の準備あれこれとか…
今日は、夕暮れ時にイルミネーション点灯イベントの司会をやり…

明日こそがいよいよ本番「ケルティック・クリスマス」。
ですが、「もう、クリスマスは、おなかいっぱい…」という気分です。

たのしかったけどね。

| | Comments (0)

十二月

いわきに来てから、信じられないくらい時間の流れが速い。
えっ、もう十二月って、ちょっとちょっとちょっとー!! ってかんじ。
今月は、もともとあれこれイベントが多い月なのですが、
それにさらに引っ越しが加わることになってまして。

東京を、離れることにしました。
理由はいろいろなことが重なり合ってのことなのでうまくかききれません。

ものすごく悩んだし、いまでも不安なことは山ほどあるけど、
自分で導き出したひとつの結論ではあるので、
かみしめながら歩いていくしかないんだとおもう。
でも、こわいよー。何がこわいのかすらもよくわからないんだけど…
歳をとったってことなのかなあ…

愛を見失わないで歩いていこう。
いま決意できることはそれだけです。
言葉にするとくさいなあ。でも、わたしなりに必死で本気です。

| | Comments (2)

« November 2009 | Main | January 2010 »