« April 2008 | Main | June 2008 »

満月とシェリー酒

昨日今日は、まこりんとともに仙台・いわきをめぐってDiVaプロモーションの旅。
いろいろ反省することは山積したがとりあえず終了。

東京に戻り、どっと押し寄せてきた疲労をお風呂につかって洗い流す。ぽへー。
夕ご飯は本当に久しぶりに同居人・あいちゃんと、おすすめの近所のバルで待ち合わせ。
奥行き2間ちょっとくらいのほそながーい立ち飲みバル。
戸口までいっぱいに人が入っていたけど、お客さんが一歩ずつつめてくれて、なんとか入店。
キャッシュ・オンで、黒板にかかれたメニューやら隣の人のたのんだお皿やらをのぞきながら、
タパスとお酒を選び、ちびちびとやる。
どれも虚飾のないすっきりとした、そして外れのないメニュー。
品揃え豊富なシェリー酒をあいちゃんと手分けしてあれこれ味見する。
肩を並べるお客さんはみんな笑顔の大人たち。
自分たちの会話に没頭したり、店のスタッフと話したり、隣の人の会話に加わってみたり。
帰り際に全員と声を交わす、「またあいましょう、この店で」なんてね。

洗い清められた空には満月。
今朝の嵐はなんだったのだろうとおもうほど静かな夜。まるでご褒美のような。
明日からまたがんばらんとね。

| | Comments (0)

わがやはいいなあ!!!

ひさしぶりに杉並の家にもどってきた。
てれーんとリラックス。

きのうは高崎で俊太郎・賢作公演。
同時開催されていた(というか公演の方が関連イベントだけど)「谷川俊太郎ことばとアート展」は、
詩の世界をビジュアルで立体化するアプローチがおもしろかった。
6月のいわき公演にむけて大いに刺激になりました。いい舞台にせねば… うー、プレッシャー!

東京に戻り、賢作さんと阿佐ヶ谷でのむ。
九条ねぎをメイン食材につかった鉄板焼きやさん。おいしかった〜!
よくのみ、よくたべ、よくしゃべった。
近況報告、仕事の悩み、映画の話、本の話。来月の舞台の話。
脳みそにお酒がたっぷりしみこみ、眠たくなる寸前までおしゃべりした。
こういう時間がほしかったんだなあ〜 しあわせ。

| | Comments (2)

相棒

きょう仕事中相棒に、
「前田さん最近、自分の知らない言葉をあまり使わないっすよね」
と不思議なだめ出しをくらった。
要は、最近どんな文章を書くにも、型にはまった事務的な語彙しかでてこない、
ということらしい。

これにはかなりどきっとさせられた。
別に、だれかを驚かせる文章を書きたいとは思っていないけれど、
たしかに、文章を書く楽しみを存分にあじわえていない、
というより、自分の感覚がいちじるしく鈍ってきていることを実感していたから。

鼓童を離れてから5年、ふらふら、のらくらとやってきたわたしだったけど、
「劇場」という大きな組織の一員に加わり、
人と一緒に仕事を「積み重ねていく」ということの喜びと苦しみを久しぶりに味わっている。

自分できめて入った道なのだから、後悔するのはまだ早すぎるけど、
大きくバランスを崩していることは確か。
ではしかし、その「保ってきたバランス」ってなんだろう?
とりもどしたい心の軸はどこにあるのだろう?
そんな風にもやもやと思いあぐねる毎日だったのだ。
相棒はずばっとそこをついてきた。

私よりずいぶん年下なのだけど、
いつもわたしを全力で守り、支えてくれているのだ、ということを、改めて感じた。

しっかり「のらくら」せにゃあ!わたし!

| | Comments (0)

ぐりりににぐりりににぐりりにに

来週の今日にはNUUさんの「おでかけアリオス・小川編」がはじまっている。

今回の「おでアリNUUさん」最大の目玉である5/11草野心平記念文学館で行う「つんつんつるんぶつるんぶつるん」公演は、NUUさんの同タイトルアルバムのリリース記念ライブともなった。正式リリースは5/28だが、5/11の心平記念館でのライブでは収録曲すべてを演奏(もち日本初演!)する予定。草野心平の宇宙的スケールの詩世界と、NUUさんのバイタリティと豊かな感性がうみだしてくれた、まさしく名盤であります。

2週間ほど前、NUUさんから「コーラスをご協力いただきたい曲があるのです」と連絡があった。
「第八月満月の夜の満潮時の歓喜の歌」という、蛙の合唱をオノマトペのみで表現した作品がある。詩の冒頭に「十四人以上で唱えるべき詩」とあり、レコーディングでも実際に14人のミュージシャンが大合唱している。作曲はギターの笹子重治さん、がやがやととにかく楽しいが、(クラシック的にいうと)変拍子と臨時記号にあふれたこの曲は、けっこうとっつきにくい。当初ある地元のコーラスグループに参加の打診をしたのだが、やはりおことわりされてしまった。

そこで、先日の第九合唱団の参加者や、アリオススタッフ、スタッフの友人などに声をかけ、なんとか14名を確保した。本番までの練習は1回だけ。一番心配なのはアリオススタッフ… 楽譜が読めない人も多い。CDを一生懸命聴いて、おぼえるしかない!
昨日あたりから、水辺から蛙の鳴き声がちらほら聞こえ始めた。
ぐりりににぐりりににぐりりにに… と、アリオス事務所にも蛙くんが日に日に増殖しつつある。
たのしくなってきたぞー。

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »