« TRAVESSIA 秋のお仕事 vol.2〜タルバガンの巻 | Main | あっという間 »

TRAVESSIA 秋のお仕事vol.3.〜パリャーソの巻

ハーモニカの続木力さんとピアノの谷川賢作さんのユニット、パリャーソ。ポルトガル語で「道化師」という名のお二人は、この12月で結成5周年、すでに200回を超えるライブを敢行している、実はエネルギッシュなアニキたちです。
ルックスは一見ぶっきらぼうだけど音楽は清々しく、男っぽく、ときおりチャーミング、そしてスウィート。スタンダードナンバーから山寺の和尚さんまで、ジャズに軸足をおきつつも洋の東西をとわないレパートリーがたのしい。

ハーモニカの力さんは、もともと京都のパン屋さんの息子で、パンの修行にでたはずのフランス・パリのストリートからハーモニカ奏者としてデビュー… という有名なエピソードの持ち主。
じーっと寡黙な風情でピアノに身をゆだねていたかと思うと突如「がぶーっ!!!」っとハーモニカに食らいつき、みずみずしいメロディをとめどなくあふれさせるのであります。
そして賢作さんのピアノは、俊太郎作品とのコラボレーションのときはもちろん、ジャズハウスでの暴れん坊モードの時ですら、繊細な印象がつよい(と私は思う)のだけれど、パリャーソの時はどこか、大陸っぽいからっとした風が吹いて、また、ここちいい。

ライブ当日にリリースとなる4thアルバム「ウルガ」も、からっと明るい快作。発売当日、ライブ会場のロビーで入手すべし!
そうそう、今回の会場である「自由学園・明日館講堂」は、昭和初期に建てられた、重要文化財にも指定されているレトロな木造ホール。足を踏み入れただけでうれしくなるような素敵な空間、音も最高です。

ここからはやや余談ですが…
今回、ちらしのメインビジュアルを、中学時代の恩師であり現在はイラストレーターの、ショウジサダムさんにお願いしてみた。(11/18の日記「僕の好きな先生」をみてね。)せんせいとは長いつきあいだけどこうやってお仕事をご一緒するのははじめて。わたしのあまりに茫洋としたディレクションに頭を悩ませつつも楽しんでくれて、すてきな1枚を仕上げてくれました。ほんまにありがとね、せんせい。
というわけでわたしもちゃっかり楽しく遊ばせてもらってます、パリャーソプロジェクト。

パリャーソ 5tth Anniversary Live 「URGA〜ボヘミアンの帰郷」
日時:2006年11月18日(土)16:00開場 16:30開演
会場:池袋・自由学園 明日館 講堂
出演:パリャーソ(続木力、谷川賢作)
ゲスト:山田晴三(B)山村誠一(Perc)
チケット:前売3,800円 当日4,300円(全席自由)
パリャーソ特製Tシャツセット:5,800円(前売のみ)
プレイガイド: TAM Office 03-3312-5963
       TRAVESSIA 03-3335-6101


F4

|

« TRAVESSIA 秋のお仕事 vol.2〜タルバガンの巻 | Main | あっという間 »

travessia」カテゴリの記事

Comments

チラシ、欲しいなー。

Posted by: shozi | 2006.10.10 at 07:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10137/11990169

Listed below are links to weblogs that reference TRAVESSIA 秋のお仕事vol.3.〜パリャーソの巻:

« TRAVESSIA 秋のお仕事 vol.2〜タルバガンの巻 | Main | あっという間 »