« TRAVESSIA 秋のお仕事vol.3.〜パリャーソの巻 | Main | TRAVESSIA 秋のお仕事 番外編〜Jazzin'の巻 »

あっという間

最近、Saxophoneという楽器にどうも、縁が深いというか軽くはまっているというか… ちょっと自分でもおどろく。
部活とかでブラスやってる頃って、実はサックスって嫌いだったんだもん。
なぜかというと実は楽器がどうこうということではなく、テナーサックスの先輩に楽器庫にしょっちゅうよびだされてヤキを入れられたり(いやまったくへこたれなかったですけど)、同級生のサックスの子になんともいえぬヤな奴がいたり… ま、そんな理由です。

ゆうべは、六本木のSUPER DELUXEへ、清水靖晃&サキソフォネッツのライブ「あっという間」に。
19:30からの初回ライブは早々に完売、わたしは22:30からの追加公演にいった。

以前ブログで「ペンタトニックの不思議」(2/17 ひみつをおしえて。)についてちょろっと書いたんだけど、その中に出てくる「五音階の曲を集中して書いている人」とは実は清水さんのこと。清水靖晃さんはサキソフォニストであると同時に作曲も多く手がけている。10年くらい前にバッハの無伴奏組曲全曲のサックスソロCD「Bach Box」を発表、レコード大賞企画賞を受賞。たしか車のコマーシャルで使われていたので、記憶にある人いるはず。
天才的なセンスとユーモアとテクニックと色気が備わった、すごいミュージシャン… ええ、かなりなミーハーです。

昨日は、若いサックスプレイヤー4人で新しく編成したサキソフォネッツと清水さん、合計5人の編成に、コンテンポラリーダンスの康本雅子さんをゲストに迎え、ペンタトニックをモチーフに書かれた清水さんのオリジナルと、バッハ無伴奏組曲から数曲をランダムに組み合わせた、16曲・1時間半のプログラム。
昨夜のライブは、サキソフォネッツの4人にとっては、初夏の頃から何度も何度もあつまって、フレーズのひとつずつに至るまで緻密に稽古をかさねてきた末の初お目見えの日。
曲の内容は異なるが、実は同じコンセプトで昨年6月に清水さんはパリ・アベスにあるパリ市立劇場小劇場でコンサートを行っている。そのときはパリの「ハバネラ・カルテット」というこれまたかっこいいサックスアンサンブルと一緒にやっていて、最初の公演があっという間に完売、1週間後追加公演を行ってそれも満員… そして大絶賛だったらしい。そのときの音源を縁あって聴かせてもらい、もう…雷に打たれたかのようなショックを受けた… 

で、昨日のライブ。実はハバネラより、すごかったんです。
なんというか、「一糸乱れぬ美しさに感動!」ということではなく(いや、もちろん完成度はかなり高いのだ)、緻密に組み立てられた細工を自らの手で「ちょこっとくずす」、シニカルでユーモラスな部分=清水さんの音楽のスピリットを、サキソフォネッツの4人はしっかり受け取り、楽しんで演奏している… なんだろ、これって日本人の血?
そしてもっともっとこのアンサンブルはすごいことになる、という確信を覚えさせる急角度のベクトル…
なぜだろう、嫉妬を覚えたのです、私は、昨夜。

うあーすごく長くなったけど… ペンタトニックの曲集は来月レコーディングし、たぶん年明けリリース。
そして来年は各地でライブツアーの予定とか。 おっかけたいっす…

|

« TRAVESSIA 秋のお仕事vol.3.〜パリャーソの巻 | Main | TRAVESSIA 秋のお仕事 番外編〜Jazzin'の巻 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10137/12067603

Listed below are links to weblogs that reference あっという間:

» 200円からはじまる。 [歯磨きは、イチゴ味。]
ダメ社員ですが、それなりに生きています。吉牛よりも、松屋派です^^まあ、長い人生。毎週「人生が変わるかも?」とワクワクしながら生きるっていいですよ。会社での嫌なことも、耐えられます(笑) [Read More]

Tracked on 2006.10.01 at 12:05 PM

« TRAVESSIA 秋のお仕事vol.3.〜パリャーソの巻 | Main | TRAVESSIA 秋のお仕事 番外編〜Jazzin'の巻 »