« タイムリー | Main | 集中と、無 »

「TAP is ALIVE」

熊谷和徳というタップダンサーにであったのは、かれこれ7年も前のことである。
当時わたしは鼓童で、ECシアターという、アースセレブレーションの周辺イベントを企画した初年度。そのイベントに出演してくれたのが彼だった。まだタマゴというか、ヒヨコというか… どこを向いているやらわからない、なんかエネルギーの固まりみたいな男の子だった。
そして、さまざまなご縁がつながり、また彼に再会することができた。
7月16,17日に世田谷パブリックシアターで行う彼の単独公演「TAP is ALIVE」に、制作チームの一員として加わらせてもらっている。

昨年末に、ソニーレコードから「TAP THE MUSIC」というCD&DVDを発表した。
タップダンサーがCD!ってとこからユニークだ。ジャズを中心にいろんなジャンルのミュージシャンとセッションしている、オール・ビートルズ・プログラム。
これはたった2本の足からはじき出されたリズムなのか?と耳を疑いたくなるほど、細かいパッセージ、豊かなダイナミクスと音色である。
謳う身体。躍る音楽。
彼をみていたら、そんな言葉がうかんできた。

名だたるアーティストとのセッションの数々。表舞台での華々しい活躍と同時に、事務所のハンドリングを離れたところで、自分でスタジオを押さえ、人集めしてTAPワークショップを企画したり、月1で六本木のカフェバーを借りてセッションパーティをしたりと、自分の手で(足で?)仲間の輪を広げていくことも積極的におこなっている。
TAPという表現の可能性を信じて疑わず、向上していくためのベクトルを多方向に持ち、どれも閉ざさない。
そりゃ、まだまだ荒削りな部分とか、もちろんあるんだろうけど… 
なんかとにかく、自由だ! そして彼もふくめ仲間達みんな、すごくいい笑顔をするんだよね。

世田谷パブリックシアターでの公演は、シンプル&ベーシックがテーマ。
あらゆるものをそぎ落とし、素材のうまさを感じてもらうというか。
公演は目前に迫ってて、そろそろリハーサルを始めて演出をかためていく時期だよなあ、という今日この頃なわけだが、明日からニューヨークのタップ・フェスティバルに参加するため渡米してしまう。きっと、帰ってきた彼にあったら「あれ?また背のびた?」って思わせてくれるにちがいない。

どうぞおみのがしなく!! チケットお申し込み受付中で〜す。
今月末までに私宛にメールくだされば、ちょっぴり割引でご用意できます。

|

« タイムリー | Main | 集中と、無 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「TAP is ALIVE」:

« タイムリー | Main | 集中と、無 »