« January 2005 | Main | March 2005 »

生まれてはじめて落語で泣いた。

きのうは志ん輔さんの落語の会「シェイクスピアを楽しむ会」をみた。
同じ噺でも、語る落語家さんによって描かれる情景に違いが現れるところが落語のおもしろいところだと私は思うのだけど、なかでも志ん輔さんの描く世界は非常に緻密に描き出される感じがして、「噺をきく」というより一人芝居をみているようだ。かれこれ4〜5年ぶりに伺ったのだが、さらにすごみをましておられるようにおもった。
「情熱家」という言葉がぴったりくる方だと思う。

今回は、「オセロ」を翻案とした新作落語「丁稚」をメインに、前座さん、昭和のいる・こいるさんの漫才(腹がよじれるほどわらった!)、古典落語の「お直し」という演目。
「丁稚」は、おつかいをサボタージュして歌舞伎小屋に芝居(オセロ)をみにいった丁稚が、こっそり屋敷に入ったところを店の主人のお嬢さんにみつかってしまう。お小言を食らうかと思いきや、お嬢さんと番頭さんとの身分違いの秘密の恋をだしにして、「お嬢さんの恋のお役に立てればと思って芝居を見てきたのだ」とうそぶき、今見てきた芝居をお嬢さんに語ってきかせる…
というストーリー。
鼓や長唄を織り交ぜたお囃子や、照明の演出でストーリーを立体化させている。しかし「落語」というスタイルを逸することなくはなしは進む。なんといっても「シェイクスピア」を歌舞伎の口調でやってのけるという演出には、膝をぽんっと打ちたくなったよ、あたしゃ。

最後の古典落語「お直し」をきけたことで、感動はさらに深まった。
荒々しくも勢いのあふれんばかりの新作と、長い時間をかけて精錬された古典との対比。「垢はおとして、苔はむして」という表現をなさっていたが、なるほど、とおもった。
でもでも、どんな古典も最初は「新作」だったわけで。これまでつくってこられた6作のシェイクスピア落語も、いつか苔生す珠玉の作品となりますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

んまい!

秋田出身の友人が「にしんのこうじ漬け」を帰省土産にかってきてくれた。
年末にあそびにきてくれたとき、このにしんをつかった母上直伝のおいしいおつゆがあって、それをぜひぜひ自分でもつくりたい! とおもってリクエストしていたのだ!
朝番のバイトを終えて、ぺこぺこのおなかをぐーぐー鳴らしながらいちもくさんでうちにかえり、早速つくりました。

なすび3本の皮をむき、5センチくらいの細めの拍子木切りにして、
なべにひたひたくらいの水を入れて火にかける。
煮立てばなすはすぐ「ひにょひにょ」になって水分も出てくるので、そうしたら、にしんの麹漬けをそのままなべにあけ、火が通るまでさっと煮る。
好みにあわせて湯を差したり、塩をくわえたりして、できあがり。
お椀にもって、具だくさんのおつゆのようにして、いただきます。

麹の甘みがやさしくて、幸せな味。なすもちょっとしょりしょり感がのこってて、たまりまへん。うそみたいにかんたんだし。
生でそのままいただけばきっとお酒のあてにもいけるんだろな。
でもぜったいこの食べ方はおすすめ。うちにもう1パック冷凍してあるので、試食したい方はあそびにきてください!
そういえば、秋田の料理ってなんか個性的。
きりたんぽでしょ、いぶりがっこでしょ、だまっこ鍋でしょ、とんぶり納豆(塩で味付けするのよね)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Loves me, or loves me not

砂連尾理+寺田みさこのダンス公演@シアタートラム。
前から気になっていた二人の公演、やっとみれた。

すごくおおざっぱな言い方だけど、「人と人との関係」がテーマになっている。二人は男女だから、そのような関係がベースになっているわけだけど。
コンテンポラリーダンスってわりとすきなんだけど、ほとんどのものは基本的に「空気」を楽しむものなのかな〜(よくわかんないともいう…)と私は思っている。
だけど彼らのパフォーマンスにはとてもストレートなメッセージがあるなあ、と思った。
自分にとってリアルだった、といった方が正確かな。
みていて「ちくっ」っとくる、身につまされる内容だった。

互いの発するメッセージを受容することなく、ただただ発信するばかりだったり。
または伝えたいことがあっても焦点を当てないまま流してしまったり。
やさしく抱きしめたいはずなのに傷めつけてしまったり。
だけどなんでか一緒にいる。

アフタートークで、「関係なんてそんなもんだとおもう」っていってたけど、
うーん。そんなもんなの?

配られたちいさなリーフレットには
「今はただ、その曖昧な不安を抱えながらも他者(世界)と向き合い、さらにもう一歩踏み込んだその先にこそ希望があるのではないかと感じています」とある。

そうありたい、ときっとみんな願ってる。
だけど目をそらしてしまう。
なにがそんなにこわいのかなあ? と自分に問うてみる。

そういえばあさってはバレンタイン・デーだなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ばくすい

うあー、またやってしまった、爆睡。
おきたら16時。がっかり。

久しぶりの完全オフ。
近所の羽根木公園で、梅まつりというのをやっているらしく(なんでも400本もの梅の木があるんだとか)、朝のうちに自転車でみにいって、そのまま下北沢で本屋探検しようとおもってたんだけどなあ…
てゆーか仕事もけっこうたまってるんだよな…
まあでも、ねむかったんだよね。しょうがない。

あきらめて近所にかいものにいく。
肉じゃが作って食べた。おいしかった。
きょうはこれでよしとするか。
明日からまたがんばろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »